美白になる方法

美白になる方法

 美白になる方法、私は結構探しました。どうしても美白になりたかったので。

 

ずばり、好きな人に告白したくて美白に取り組み始めたわけなんだけど。

 

どの化粧水使っても乳液を使っても、何故か肌の透明感を得られなかった。

 

けれどニキビも改善したし。ダイエットも成功した!だから思い切って告白したけど。片思いの、その人にハッキリ言われた。

 

俺面食いだし色白の子が好みだからゴメンって。

 

女は見た目じゃないのに!って幻滅して、結果、それほどの精神的ダメ―ジは受けずに済んだのが現状。でもキレイになる事に損はないからね。

 

実らない恋にはスッキリとキッパリとサヨナラして自分を磨く決意をしました。

 

で早速、とにかく憧れの透明感のある美白を目指してあれこれ調べまくった。

 

結果、色々と自分を磨くのに必要な・・・・というか心強いアイテムを幾つか見つけ出すことが出来ました。

 

これらの心強いアイテムなら私の肌も健康的で且つ、清潔感有る美白になれる気がする。

 

まず私が注目したのは、ハイドロキノン、トレチノイン、ルミキシル、

 

コスメライトクリーム、トラネキサム酸(トランサミン錠)ですね。

 

その中から私がチョイスしてみたのは「ルミキシル」です。

 

商品のキャッチフレーズに飛びついた感じなんですけど。

 

実際に使ってみると非常にお肌も好調です。

 

 

直感でキャッチフレーズに飛びついて正解でした。

 

中から綺麗になれる内容の事を謳っていたので

 

思い切って「ルミキシル」を選択しました。

 

何と言いますか、人工的な

 

漂白効果よりも中から滲み出るような美白

 

求めていたので、これだ!って思いましたね。

 

美白に成る方法は色々ありますね、「ルミキシル」等試してみて下さい

トレチノインジェル

 美白になる為のクリームの中で色素沈着・ニキビに有効に働きかける

 

0.1%を存知ですか?こちらの商品もお勧めですよ。

 

思春期に出来てしまったニキビ。そのニキビ痕って結構、折角の美白を

 

邪魔するんですよね。あと、色素沈着も美白の邪魔ですね。紫外線対策してても防ぎきれない事も有りますよね。

 

でも大丈夫ですよ!今しがた紹介させて頂きました、このトレチノインジェル0.1%で、お悩み解決です!

 

使い方は簡単ですよ♪朝夕の洗顔の後に化粧水で保湿してあげてから気になる、その部分だけに塗りましょう。(但し目の周囲の皮膚の薄い個所には使用しなで下さい

 

トレチノインジェルの使用上の注意点として、角質を強く擦るような

 

 

洗顔は禁物です。石鹸の泡を利用し、極力優しく洗顔しましょう。

 

使用後は油性化粧品等で肌の乾燥を避けて保護してください。

 

また、紫外線の刺激に対して弱くなるので、日焼け止めクリームを

 

塗って対策を取ってください。

 

使い始めの1〜2週間は肌に赤みが出て、角質がポロポロ

 

はがれるようになります。

 

決して異常では無く、正常な現象なのですが。

 

赤みが強く、痛みも現れた時は使用を中止してください。

 

トレチノインジェルには因みに0.1l%0.05%の二つが有ります。

 

0.05%の方はニキビ痕に有効的に働きかけます

 

肌の状態・目的・用途に合わせ選択しましょう。

 

トレチノインジェルでニキビ痕をキレイにリセットしましょう

トラネキサム酸500

 しっかり手入れしてるのに肌のくすみが改善しない!それ!肝斑かも!!

 

出だしから大変失礼しました。けれど、そのシミくすみ肝斑には

 

トラネキサム酸500を試してみては如何ですか。

 

外から手を加えるのではなく、中からキレイのサポートをしよう!という考えのもと誕生したものです。

 

幾ら美白美容液を使っても保湿液を使っても改善しない事って有りますよね。

 

そんな時は肝斑の可能性を視野に入れても良いと思うんです。もちろん、素人判断は大変危険ですので診断は専門医に相談して欲しいのですが。

 

肝斑と診断が付きましたら、是非試してみてほしいのがトラネキサム酸です。

 

 

服用方法は成人で1日3〜4回に分け750〜2,000mgを服用します。

 

1週間2週間の短期間で効果を実感と言うのは難しいのですが。

 

3カ月以上の服用で効果は期待できます。

 

じっくり優しく肝斑に効いていきます。

 

急激に改善させようとすると、やはり身体にも何かしら

 

負担が掛かります。

 

ではここで少し肝斑の仕組みについて述べたいと思います。

 

肝斑とは、皮膚にできる色素斑の一種です。

 

シミの形状が肝臓に似ていることからこの名がついたのですが

 

肝臓の機能は無関係です。

 

原因は、まだハッキリ判っておらず、妊娠・経口避妊薬・更年期の

 

ピル内服中にあらわれることもある。

 

閉経すると自然に治ることも多い事が判ってます。

 

また、顔を触るクセのある人にも出やすい傾向がある。

 

洗顔やスキンケア、マッサージなどで癖で強く洗ってしまう

 

人も注意したほうが良いでしょう。

 

トラネキサム酸500で肝斑を改善しましょう